こんなに安いの??ドリッパーの評判!ロトブラウンコーヒーが格安 2017年度

今まで、コーヒーメーカーを使っていましたが、付属のサーバーを割ってしまいました。陶器製なので重みがありますし、割らないように気を使いますが、やはり、陶器製のもので淹れたコーヒーは違うように感じました。もう今は注意しながらこちらのみを日々使っています。

コチラです!

2017年01月09日 ランキング上位商品↑

ロトブラウン ドリッパー コーヒー102-ロトブラウン陶器製ドリッパー/カリタ(Kalita)/グルメコーヒー豆専門加藤珈琲店

詳しくはこちら
 b y 楽 天 市 場

このドリッパーは!ともかく実物のほうがお色がきれいです。美味しいコーヒーが飲めそうです。濃いめの方が好きな方にはメリタかもしれませんが!僕はこのカリタでゆっくりめに煎れた珈琲が大好きです。まぁ!サーバーも同メーカーで合わせるように設計されているのでしょうから仕方がないところですが!もう少し広ければといった感じです。カリタは3つ穴です。ですので、他メーカーのサーバーと合わせるかたは要確認です。これまで101のプラスチック製のものを使用していましたが、プラスチック製だと、なんとな〜くニオイがきになるというか…102を購入したくなったので、ついでに陶器製のこちらの商品を購入してみました。汚れも目立たないし!癒されますね〜〜。初使用後水洗いし!洗ったほかの皿やカップと一緒に水切りカゴに入れておきました。買ってよかった☆。この色味に魅かれて即決いたしました。1つ穴と3つ穴とは!結構違うものだなぁ!と感じました。美味しく淹れることが出来ました。メリタは1つ穴です。ともに大満足です。そして!しっかりした感じで!使い勝手もとてもいいです。プラスチックのものよりゆっくりお湯が落ちるような気がしますし心なしかよりおいしくドリップできる気がします。このドリッパーは三つ穴ですが、メーカーごとに穴数の拘りがあるようで一概にどれが良いとは言えませんが、私自身は濃いめのコーヒーよりは少し薄めの方が好みなので早く抽出できる分私には合ってると思いました。あくまで好みと、煎れる人の癖によるかもしれませんが…レトロ感なら、明らかにこちらです(笑)近くのお店では白しかなくて、こちらのお色が欲しくて即買いでした。近頃、雑味を感じるのでカリタを買ってみました。オシャレでいい色で重さも丁度いい感じです。これを機会に、ペーパードリップ式で入れようと『102-ロトブラウン陶器製ドリッパー』『500ccコーヒーサーバー』『ホヌコペ電動ミル』を購入しました。ただ!102の受けの幅が10センチ程度なのでギリギリ載せられるといった感じ。頑丈なんですよね。結果!カゴの柵にあたり!茶色い部分が取れているではありませんか。ブラウン色もとても気に入りました。この色の方がコーヒーにマッチしますね。じっくりと抽出するために・・・。それまで使用のプラスティック製の方が使い易いし!かける心配はないですが日々熱湯を通すので!健康面を考えると陶器製の方がが良いかとコーヒー豆の注文の際に同梱で注文しました。こちらで豆を買うようになってから、一度に飲むコーヒーの量が多くなったので、使い慣れたパイレックスのサーバーのドリッパーを入れ替えるかたちで102を追加。使い勝手はわかっているから満足です。これまでは、メリタのプラスチック製を使っていました。安かったので仕方ないですが、機能には満足しています。これで気分も新たに旨いコーヒーが飲めます。今までメリタを使っていました。見た目の格好良さにひかれ購入。厚みもあり、重量感も、なによりこの色合いが素敵です。思ったより重いです。すごくきれいな色です。又!白っぽい方より早く手に入るかとこちらの色を選びました。濃淡が温かみのある色合いで!寒い早朝にコーヒーを落とすのが楽しみになりそうです♪画像と実際も同じ色調です。豆の膨らみがよく、香り高いコーヒーを入れることができます。白色のドリッパーを使っていましたが、自然に陶器に色が付き汚くなったので取り替えました。陶器だというところがいいです。事前に温めておいて使用すると淹れたコーヒーがぬるくなりにくくてとてもいいですね。カリタの商品、シンプルで好きです。手持ちのドリッパーが少し欠けてしまったので!もともとカリタのドリッパー白を使っていたこともあり(主人が単身赴任先に持って行っちゃった)!今度は飴色を買ってみました。白い陶器のドリッパーを自宅で使っていてとても良かったので!職場用にもう一つ買おうと思い!ブラウンのを選びました。